生コラーゲン化粧品でプニプニ素肌│保湿バッチリ習慣

保湿する女性

注目のアンチエイジング法

基礎化粧品

最先端のアンチエイジング

肌細胞を生み出す細胞というのがありそれが幹細胞で、細胞のいわば親玉のような存在です。年齢と共に幹細胞の機能が低下してしまって、新しい肌細胞が生成されにくくなるため、肌にしわやたるみが増えてしまって徐々に肌老化が起こってしまいます。この幹細胞を活性化させる働きがあるのが幹細胞化粧品です。肌そのものの機能を幹細胞化粧品で高めることができますから、20代の頃のような潤いとハリに満ちた肌になることができます。シミやしわ、たるみなど、あらゆる肌老化を改善することができますから、最先端のアンチエイジング化粧品として、注目されています。新しい細胞を生み出す力さえあれば肌はよみがえってくれますから、根本的な肌トラブルの改善に役立ちます。

表皮と真皮での働き

幹細胞はそれぞれ働く場所が違っていて、表皮には表皮の幹細胞、真皮には真皮の幹細胞が存在します。この両方の幹細胞を活性化させる力を持っているのが幹細胞化粧品です。表皮に作用するとターンオーバーが活性化しますから、シミやニキビなどでダメージを受けた角質をしっかりと排出してくれて、美しい潤いと透明感のある肌になれます。また、真皮に幹細胞化粧品が作用すると、繊維芽細胞を活性化できますから、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成力が高まって、肌の奥から潤いやハリを与えてくれて、ふっくらとなめらかなハリのある肌になれます。この両方の機能を高めることで、肌全体のアンチエイジングが可能となり、若々しい肌を取り戻すことができます。